インフルエンザ薬にはリレンザ!入院することはある?

リレンザと言えば抗ウイルス薬の1つです。リレンザは円盤型になっており、円盤型を吸入器に装着して吸入します。1日2回1回2吸入を5日間続けます。インフルエンザウイルスは増殖が速いですので、リレンザをもらったらすぐに吸入して増殖を抑えることが大切です。使い方はいたって簡単ですが、薬剤師さんから使い方の説明があると思います。かならず指示通りに使用しましょう。
このリレンザの中身は粉になっており、吸入のさい、粉が口腔粘膜に付着すると炎症を起こすことがありますので、吸入後はうがいをしましょう。
インフルエンザは風邪と違って、感染力が強く、高熱も出やすく、歩くのも難しいくらいです。場合によっては入院することもあるくらいです入院時は薬が処方されますが、点滴で水分補給を行えば数日後には回復します。ただし乳幼児は命にかかわることがありますので、小児科医に診てもらうことが大切です。たいじをとって入院させることもあります。
インフルエンザの防止にはワクチンがいいです。ワクチンを打ったからといって罹らないわけではないです。罹っても軽くですみます。ワクチンの1回あたりの金額は3000~4000円です。これは病院によって多少の開きがありますので電話で確認しておきましょう。また自治体によっては補助がありますので、このあたりのことも確認しておく必要があります。職場が全額負担してくれるところもありますので、職場でもそのあたりのことを確認しておきましょう。個人的に受けることもできます。ただし先ほど話したように、保険が使えませんので、1回あたり3000~4000円になっています。
ワクチンも大切ですが、うがいや手洗いも大切です。

ページトップへ