ファクタリング会社は比較して利用するのが基本です

  • ファクタリングと他の資金調達方法の比較

    • ファクタリングとは、企業が得意先に商品を販売した代金を、その得意先が入金する前にファクタリング企業に譲渡して資金化する資金調達方法のことです。

      話題になっているファクタリングの評判の声をいただいています。

      日本における商取引の基本は信用取引で、商品やサービスを提供してから実際に入金されるまでにタイムラグがあるため、資金力の弱い中小企業では資金繰りに悩むことになります。



      楽資金調達方法には銀行融資や売掛債権担保融資、不動産担保ローンなどがありますが、このファクタリング利用を他の資金調達方法と比較した場合のメリットとして、審査に数週間も要する銀行系の融資と異なり、最速で即日調達することが可能であることが挙げられます。


      ファクタリングは「融資」ではなく「債権」を買い取ることなので、実際に売上があること、販売先企業が安定していることなどを証明するだけと銀行系と比較して審査基準が大変柔軟です。また、回収義務が発生しないため、万が一販売先企業が破たんしたとしてもその責任を負う必要がありません。



      更には、自社の貸借対照表がスリム化されることになるため金融機関からの信用も大幅に向上することにも繋がります。

      銀行系の融資よりは手数料がやや高めではありますが、キャッシュフローの改善に繋がり利息も発生しないことが大きな魅力と言えます。

      このように資金調達方法を比較した場合にファクタリングを利用するメリットは大変多いため、中小や零細企業の資金繰り改善方法のひとつとして注目を集めています。