ファクタリング会社は比較して利用するのが基本です

  • ファクタリングの保証型と買取型の比較

    • ファクタリングとは、ファクターと呼ばれるファクタリングサービスを提供している企業が、他社の保有している売掛債権を譲り受けて、債権回収を行うサービスのことを指します。


      このスキームには、主に「保証型」と「買取型」と呼ばれる二つの型があり、それぞれ利用する目的が異なるため、両者を比較して自社の状況に合わせた最適な方式を選択しましょう。
      まず「保証型」とは、売掛先の信用力に不安があり、債権の回収可能性に懸念がある場合に、ファクターが債権を保証してくれるサービスです。

      今までになかったファクタリング会社のランキングに関する情報を公開中です。

      これはいわゆる保険のようなもので、保証料をファクターに支払うことにより、万が一、売掛金が貸し倒れとなってしまった際にも、ファクターから保証金を受け取ることができます。
      よく似た取引として、取引信用保険と比較されることがありますが、保証してくれるのがファクターか保険会社かという違いのみで、基本的な仕組みは同じです。



      一方の「買取型」とは、所定の手数料をファクターに支払うことで、売掛債権をファクターに買い取ってもらい、早期に資金化できるサービスです。



      買取型では、未回収の売掛金を資金化することができるため、貸し倒れのリスクを回避することもできます。

      この点を比較すれば保証型と似ていますが、買取型のファクタリングの目的はあくまでも資金調達です。

      保証型では貸し倒れが起こった場合のみに保証金が支払われるのに対し、買取型では手数料を差し引いた買取代金が必ず支払われます。その代わり、手数料は買取型の方が高く設定されているのが一般的です。